» 中国料理 揚州名菜 秦淮春

揚州名菜 秦淮春 季節と共に素材を変え、旬味を味わう優しい味付けの揚州名菜。彩り豊かな二十数種類の前菜や、豆腐・野菜料理など、中国料理の中で最も上品で洗練された
名菜といわれる揚州料理の真髄をお届けいたします。

お知らせ

店舗情報

店舗名揚州名菜 秦淮春(ヨウシュウメイサイ シンワイシュン)
SHIN-WAI-SHUN

ジャンル中国料理(淮揚料理)
CHINESE(Yangzhou style)

住所東京都中央区銀座5-5-17
三笠会館本店4F

電話03-3289-5665(秦淮春直通)

定休日1月1日休業

営業時間月~金:11:30~23:00 22:00(LO)
土・日・祝:11:00~22:30 21:30(LO)

予約予約可

座席数84席

価格帯ランチ : 1,840円~4,320円
ディナー : 6,480円~12,960円

禁煙・喫煙全席禁煙(ロビーと個室のみ喫煙可)

車椅子

駐車場無し
西銀座駐車場の割引券を差し上げております。 http://www.nishiginzaparking.co.jp

カードVisa、master、その他各種カード使用可

JALカード決済でマイルが2倍たまる

個室秦淮春個室

料理長

料理長 外崎 登志雄

1964年 東京生まれ16歳で中国・江蘇省へ料理留学。南京にて2年間の実習を経て卒業後、揚州市の名店「西園飯店」へ。18歳から3年間、後に「秦淮春」総料理長となる特一級厨師・居長龍の下で修業を積む。 その後北京にて点心の基礎を学び、87年22歳で帰国。 箱根ホテル小涌園「桜梅」、フォーシーズンホテル「養源齋」を経て、2005年 三笠 会館入社。 「秦淮春」副料理長として、揚州時代に薫陶を受けた居総料理長を支える。 2012年4月「秦淮春」料理長に就任。 料理人としていちばん大切にしているのは、「お客様の笑顔」。 目指すのは、食べた人が笑顔になり、幸せを感じられる料理です。 「四季のある穏やかな気候風土で、食材も豊かな揚州の地で育まれた揚州料理は、 日本人にいちばん合う中国料理。素材本来のもち味を生かす、滋味豊かな味わいの魅 力を 一人でも多くの方に感じていただける料理をお出しして参ります。」