HISTORY

MIKASA KAIKAN HISTORY

1925 大正14年6月 初代社長 谷善之丞が歌舞伎座前氷水屋として創業
1939 昭和14年12月 三笠商事株式会社設立
1947 昭和22年3月 「三笠会館本店」現在の銀座並木通りに開店
1957 昭和32年6月 有隣観光株式会社設立
1957 昭和32年7月 「銀座フランス屋 スキヤ橋店」 数寄屋橋ショッピングセンターにカジュアルレストラン1号店として開店
1958 昭和33年10月 「三笠会館西店」西銀座デパートにフランス料理店として開店(現在のビステッケリア・イントルノ)
1966 昭和41年11月 「三笠会館 本店」地上9階、地下2階の洋・和・中の総合レストランとして新築開店(多業態展開をスタート)
1973 昭和48年4月 「三笠会館鵠沼店」藤沢市鵠沼海岸に初の郊外レストランとして開店
1976 昭和51年7月 谷善樹 社長 就任
1979 昭和54年7月 株式会社三笠会館に社名変更
1979 昭和54年7月 「三笠会館軽井沢銀座店」別荘地の旧軽井沢に本格的なフランス料理店として開店(※現在は閉店)
1983 昭和58年11月 「ヴェルテ・スパ」 玉川高島屋SC南館に新業態のカリフォルニアフレンチ料理店として開店
1986 昭和61年3月 「ブオーノ・ブオーノ」 西銀座デパートに、イタリアンレストランとして開店(イタリアンブームの先駆けとなる)(※現在はビステッケリア・イントルノとして営業)
1988 昭和63年4月 「三笠会館 聖せき亭」 京王聖蹟桜ヶ丘SCに鉄板焼き店として開店
1988 昭和63年10月 「三笠会館足立工場」足立区入谷にセントラルキッチン・製菓工場・物流部門として設置
1988 昭和63年11月 「アジオ市川店」 市川市ニッケコルトンプラザに新業態、マーケットレストラン1号店として開店(アジオは現在7店舗展開)
1996 平成8年6月 「ダ・パオラ」 市川シャポーに女性スタッフが中心でサービスするイタリア家庭料理店として開店(※現在は閉店)
1998 平成10年3月 新越谷に「ダ・パオラ」2号店開店(※現在は閉店)
2000 平成12年10月 本店上海料理「泰山」の業態を変更し、揚州名菜「秦淮春(しんわいしゅん)」を開店
2002 平成14年11月 「ウーヴァ・ラーラ横浜」 横浜ジョイナスにイタリアンワインダイニングとして開店
2005 平成17年10月 「イタリアンバール ラ ヴィオラ」 を三笠会館本店1階に開店
2007 平成19年11月 「銀座洋食 三笠会館」 池袋パルコに開店
2009 平成21年11月 「アジオ ナトゥーラ」 ルミネウイング大船にアジオの新業態店舗として開店
2012 平成24年11月 谷善樹 会長 就任
谷辰哉 社長 就任
2016 平成28年10月 「ビステッケリア・イントルノ ステーキ&バー ギンザ トウキョウ」 西銀座に開店