SAFETY

SAFETY

三笠会館では、ウイルスの感染拡大防止の対策として、グループ各店舗で以下の取り組みを行っております。

 

1)スタッフの健康管理

・スタッフは勤務前とランチ終了後(14:00)に体温チェックと健康状態の確認を行います

・スタッフは客席、厨房ともにマスクを着用しています。

・決められた手順通りに手洗い、消毒を行い、チェック表に記録しています

・従業員スペースは未使用時、扉を開けて換気を行い、手を触れる箇所は定期的にアルコール消毒を実施しています

 

2)キッチン・ホールでの衛生管理

・調理スタッフはマスクを着用して作業を行います

・ホールスタッフはマスク、手袋を着用してサービスを行います

・手を触れる箇所には定期的にアルコール消毒を実施しています

・食器類は高温で洗浄、殺菌を行っています

 

3)入口での消毒

・入口にアルコール消毒液を設置し、入店時にアルコール消毒をお願いしています

・お客様には、入店時に非接触温度計で検温(手のひら)をしていただきます

・体温が37.5℃以上のお客様には、ご入店をご遠慮いただきます

・レジカウンターに、飛沫防止のアクリルパーテーションを設置しています

・お席は2メートル以上の間隔をあけてご案内しています

 

4)店内の換気・消毒

・店舗では定期的に換気を行っています

・次亜塩素酸水の自動噴霧による店内全体の除菌を行っています

・多くの人が触れる部分は定期的にアルコール消毒を実施しています

・お食事中マスクを収納する袋をご用意しています

・お客様には会話をできるだけ控えめにしていただけますよう、ご協力をお願しています

・抗ウイルスおしぼりを使用しています

・化粧室のある店舗では薬用ハンドソープによる自動ディスペンサーを設置しています

 

 

三笠会館グループは今後もお客様に安心してご利用いただけるよう徹底した衛生管理に努めてまいります

 

動画はこちら